はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~

HKT48チームH/AKB48チームK兼任 HKT48 4thシングル「控えめ I love you!」、5thシングル「12秒」、6thシングル「しぇからしか」、7thシングル「74億分の1の君へ」でセンターを務め、ついにはAKB48選抜総選挙で9位となった、はるっぴこと兒玉遥ちゃんの応援ブログです。夢へと日々努力している彼女をみんなで応援しましょう。テレビ朝日系列『豆腐プロレス』出演中♪
はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~ TOP  >  はるっぴ+たしゅ(文章のみ) >  兒玉遥google+ 7/20 21:04&22:38

兒玉遥google+ 7/20 21:04&22:38

兒玉遥google+ 7/20 21:04

HKT48の2ndシングル『メロンジュース』を初披露しました!!

今回、兒玉遥は
選抜メンバーに選ばれました。

ありがとうございます。

この曲は、とてもアップテンポで
1stシングルの『スキ!スキ!スキップ!』よりさらに、
明るい曲になってます\(^o^)/

「メロンジュース!」のフレーズの
コールアンドレスポンスが入っているので
早く皆さんと「メロンジュース!」で
楽しみたいです♪

そして、今回センターは
研究生の、めるとみお。

悔しくないって言ったら嘘になるけど、
もう、そんなこと言っている暇はないし
どんどん時は進んでいる。


AKB48さんの『さよならクロール』
みたいな感じで
4TOP体制だから、
さくらとはるっぴで二人を
支えていけたらなと思います。

でも、そこを目指さないのはおかしいと思うし
むしろ、誰しも目指して
当たり前だと思う。

『0番』に立つのは
凄く難しことだけど
私は、諦めません。

めるみお!
新ユニットもおめでとう!
頑張ってね!

HKT48若さパワーだ!!

どんな状況でも
私は、変わらず
はるっぴらしく
これからも、ちゅぶすつもりで
前向きに頑張ります!


皆さん9/4の発売日まで
楽しみに待ってくださいね( Ü )ノ

https://plus.google.com/111907069956262615426/posts/6TDzjzmk2u3

-----------

兒玉遥google+ 7/20 22:38

そうだね。らったん。

私も泣き合った日忘れないよ。

ただ、ひたすら頑張ろうね!

ファーストラビットになる!

:歌詞一部:

どんなに不安になっても
僕は誰よりも
走る

傷つく度大人になるよ
涙流して
胸痛めて
それでも夢をあきらめない
最初のうさぎになろう

傷つくこと恐れはしない
何があっても怯まずに
自分の夢を探しに行く
たとえ何が行く手を阻もうとしたって

~~~~~~~~~

宮脇咲良 7/20 21:52

こんばんは!

皆さん!いつも温かい声援や応援ありがとうございます!

HKT48 2ndシングル「メロンジュース」の選抜メンバーに選んで頂きました!

私は、1stシングル同様に1列目で歌わせて頂くことが出来ました!

しかし、今回のセンターを務めたのは二期生のめると、みおでした。

今まで、皆さんに弱い自分をみせたことがあまりなかったのですが、今回は正直な気持ちを言わせて下さい。



とっても悔しいです。


今まで、一期生として、HKT48を引っ張っていきたいと思い、何事にも挑戦してきました。

さっしー、愛ちゃんが移籍してきたり、人数が足りなくて12人公演をしたり、一期生の皆で泣きながら話し合いをしたり...

沢山の事があり、なかなかオリジナル曲も貰えず、ひたすら公演をする日々が続きました。

初めて貰った「初恋バタフライ」という曲。
センターは、2期生のめる。

センターの発表がされたレコーディングの日。
いきなり声が出なくなり、その日は歌うことが出来ませんでした。


でも、つらい時こそ頑張り時だと自分に言い聞かせ、以前よりも意識を高くするように心掛けました。

念願の1stシングル
「スキ!スキ!スキップ!」

センターを任されたことが一度もない私にとって、初のセンターの曲「片思いのからあげ」は本当に嬉しかったです。

MVを撮るとき、自分が真ん中で歌えること、自分の前に誰もいないこと、すべての事を嬉しく感じました。

2ndシングルでは、この景色をみたい。
そう強く思いました。

選抜総選挙では、HKT48の中で、さっしーの次の順位にランクインをすることが、皆さんのお陰で出来ました。

このことは、私にとって大きな大きな自信に繋がりました。

総選挙後の握手会では、沢山の方に「咲良ならHKT48のセンターに、なれる!」と言って頂き、本当に嬉しかったです。

皆さんの期待に、応えたいと思っていました。

でも、2ndシングルのジャケット撮影の時に、センターがめると、みおということを知りました。

その日、はるっぴとお話しました。

これから、どうしたらいいかわからなくて、2人で泣きました。

正直、今もどうしたらいいか分からない時もあります。

はるっぴと二人で決めた目標。
ひたすら何事も、頑張る。

頑張りを、皆さんが、きっとみていてくれるはずだから。

センターが全てではないし、私はどこの場所にいても輝ける人になりたいと思っています。

今の目標は、大島優子さんのように、実力でファンの皆さんから認められ、輝ける存在になることです!
ファーストラビット、pioneerになります!


文章がまとまっていなくて、ごめんなさい。


皆さん、大好きです!
いつもありがとうございます!
これから、私の事を見守っていて下さい!

さくら咲け!

~~~~~~~~~

https://plus.google.com/111907069956262615426/posts/6k2rdLQUrUQ

-----------

波線内ははるっぴがさくらのぐぐたすを共有した部分になります。

さて・・・
今日は○○てるからね、ずっとこの調子でいくけんな!
って思わず言ってしまいそうになってたかもしれませんが、デイズオフから一夜明けて大分落ち着いてきました。
HKT48の2ndシングル「メロンジュース」が初公開されました。
指原支配人が出てきての選抜メンバー発表がありました。

HKT48 2ndシングル「メロンジュース」選抜メンバー
チームH
穴井千尋・多田愛佳・兒玉遥・指原莉乃・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか
研究生
秋吉優花・岡田栞奈・岡本尚子・田島芽瑠・谷真理佳・朝長美桜・渕上舞

「そしてダブルセンターは・・・」だったかな?
こういう切り出しで、めるみおダブルセンターが紹介されました。
あの紹介の仕方盛り上がってました?
あれいったんですかねえ?
なんか言ったらあれですけどシーンって感じでしたよ。
理由は人それぞれだと思いますけど、なんか違くない?ってみんな思ったんじゃないかなと思います。

自分でも抑えながら書いているつもりですけど、不適切表現があればコメント欄で指摘お願いします。
すぐ訂正させて頂きます。

みおが紹介された後の0.5秒の映像を私たちは絶対忘れてはいけません。
今でも、あの時のはるっぴの顔を思い出すと涙がこぼれてきます。

メロンジュース?
正直騒がしそうな曲だったかなってくらいで全く覚えていません。
みんな盛り上がったんですか?
放心状態だったんでよくわかんないですけど、HKTこれでいいの?って雰囲気が会場に漂っていたと思いますよ。
めるセンターはいいでしょう。
今回は4択くらいでしたよね。
①めるセンター
②める・さくらのWセンター
③める・はるっぴのWセンター
④める・はるっぴ・さくらのTセンター

ていうか、チームHをこんだけないがしろにするなら正規と研究生なんて分け方やめた方がいいんじゃないですか?
2期生もいいメンバーがそろっています。
今回入らなかったメンバーが選抜であっても理由がつくメンバーが多いと思います。
ただ、あまりにめるみおめるみおで行かれると拒否反応も出てきますよ。
一番気に入らないのはHKTの2ndがAKBの新ユニットのダシに使われること。
期待の研究生で新ユニットが発表されましたよね。

札幌ドームで披露する新ユニットのメンバー(7人)を戸賀崎総支配人がサプライズ発表

小嶋真子・西野未姫・岡田奈々・北川綾巴・田島芽瑠・朝長美桜・渋谷凪咲

HKT48でもWセンターを務めるめるみおという宣伝材料に使われたようで全然面白くありません。
運営が明確にめるみおで行くという意思表示をした以上、はるっぴ推し・さくら推しはどう動いていけばいいのかしっかり考えないといけません。
このままでははるっぴとさくらは浮上のチャンスはありません。
選挙は関係ないですからね。
はるっぴを絶対入れないといけないというはるっぴ推しの頑張り、そして速報62位のさくらを26位まで押し上げたHKTファンの総意はまるっきり無視されています。
さくらは落としちゃダメだ。
みんな思ったと思います。
はるっぴ推しにしてもさくらの上を行けばめるとのWセンターがあるという思いでやってきました。
順位こそ下になってしまいましたが、まあまだ可能性ゼロというところまではいきませんでした。
めるみおセンターと2期生が半数入ったことで、チームHを支えてきたファン達は奮起するだろうと計算されているのも頭にきます。
めるは昨日のパフォーマンスだと納得いきませんよ。
チャンスをもらっているのに準備がすごく足りていないのを感じました。
時間がなかったんでしょうね。
自信の無さが前面に出ていました。
みおはまず劇場公演からなんとかしてほしいです。

ちょっとこの辺りでやめておきます。
やっぱ、頭の整理をしないとですね。

めるセンターであれば支えていかなければって気持ちもありましたが、めるみおでいくのであれば、私たちこんなんじゃだめだって思わせるくらいはるっぴとさくらがいいプレッシャーをかけ続けるしかないですね。
[ 2013年07月21日 11:56 ] カテゴリ:はるっぴ+たしゅ(文章のみ) | TB(0) | CM(9)
2nd
お疲れ様です。長文読ませていただきましたが、ほぼ同意です。はるさくコメントには泣きそうでした。

運営の煽りに踊らされるなら、いっそのこと・・・。と、一晩中考えさせられました。

とりあえず一度リセットして、今日の麻里子様セレモニーを楽しみます
[ 2013/07/21 12:40 ] [ 編集 ]
同意です。
ご存じの通り私は咲良推しです。
2ndのWセンターを知って何とも言えない気持ちになり、咲良ちゃんのぐぐたすを読んで泣きそうになりました。
めるみおは嫌いではありません。むしろ今までは2期生の要として応援してるつもりでした。
でも正直今の気分ではこのWセンターを応援する気になりません。
めるみおに頑張ってという気になれません。

逆に咲良ちゃんとはるっぴにも頑張ってと言えません。
二人のぐぐたすを読んだら、こんなに頑張ってる二人に対し、何を目指して頑張れと言えばいいのか・・・
私も頭と気持ちを整理する時間がいるようです。
[ 2013/07/21 13:19 ] [ 編集 ]
はじめまして
指推しから、はるっぴ推しに変わりそうな、おっちゃんです。
一応、さっしー、はるっぴ、めるるん、あんにん、なっかん、ボスって感じの順で推してます。

なるほど、現場はそんな雰囲気だったんですね。
ぐぐだけで情報を得ながら、らっちの投稿に、何事か?と思ったものです。
選抜は、かなりの入れ替えを予想してましたが、確かにセンターは予想外でした。
みおたんの困惑ぶりも、想像に難くありません。しばらく、整理が着かない、と言っていましたから。
らっちも優子ちゃんを目指して、実力で!という決意があれば大丈夫でしょう。
二人で泣いた、というのが涙を誘いますが、逆に救いとも言えるでしょう。
はるっぴが、めるみおにエールを送っているのも、心を打ちますね。

ただ、選抜に、1期生7人、2期生7人、そしてめるみおセンターで、両サイドにはるらっち、って、明らかに、1期生VS2期生を煽ろうとしている運営の思惑が見えすぎて……。
さっしーも、違和感を唱えていましたね。ポーズじゃないと思います。

でも、私はこんな風に考えました。
珠理奈の再来と言われるめるるん、困惑するみおたんは、次代のあっちゃん。
そして、らっちが優子ちゃんなら、はるっぴは……、まあ、努力家のさやねえかな。
これだけ揃って、さらに有望なメンバーが続けば、HKTは間違いなく最強のグループになれる、って。

選抜はずれて泣くメンバーもいれば、入れなくて泣くメンバーも。
でも、それが48グループの繰り返されてきた歴史でもあります。

長々とすみません。
これからも、はるっぴを全力応援していきますので、宜しくお願いします。
[ 2013/07/21 19:53 ] [ 編集 ]
色々な思いはあります。
リークで不確定情報は色々と入っていましたが・・・
実際に目の当たりにすると複雑な気持ちが無いかというと嘘になりますね。
1stから外れたメンバーも多くいるので、センター論だけに拘るのもどうかと思いますが、
じゃあ、はるっぴとさくらはどうすればセンターになれるんだよ?という気持ちは隠せません。

2人のぐぐたすは涙なしでは読めませんでした。でも、はるっぴ強くなりましたね。
はるっぴの方が少しお姉さんな分、そしてセンターを外されたのは初じゃないので、
さくらを気遣ってる様子が伺えるのも、なんだか切なくなりました。

むしろ、はるっぴ以外の3人のメンタルを心配しています。いくら才能があったとしても
今のめるみおでは実力不足は明白。雑務は周りがこなして美味しいところだけどうぞじゃあ、
いくらなんでもメンバーとファンを舐めすぎです。本人のためにもならない。必ず軋轢を生む。

さくらは様々なシーンでHKTの誰よりも結果を残してるメンバーなので、
そこを評価されないのならば、すべてのHKTメンバーは何をすれば良いのか疑問を持ちます。
成長のためにメンバーを競い合わせるのは大いに賛成ですけど、悪ふざけのような
やり方ではメンバーとファンが疲弊するだけなので筋は通して欲しかった。

ファンとして今一番頭を悩ませているのは「負ける気はしないけど勝ち方が分からない」です。
総選挙・握手で圧倒的な差を見せればいいって意見が聞こえて来そうですが
単純にそういうことでもない気がしています。他に思い浮かばないのも事実ですけど。

上手く長期戦のレールに載せられたのは気に入りませんが、ここは深刻になりすぎずに
笑ってレールに乗ってやろうではありませんか?長く戦うためにも、どこかで楽しむ余裕は
必要だと思います。頭に血が上っていては肝心の勝機を見失ってしまいそうです。
何より誰よりも傷ついているであろう推しが下を向いていませんから!

いま一度「すべては、はるっぴのために!」
[ 2013/07/21 19:57 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/22 02:20 ] [ 編集 ]
Re: 2nd
> 武蔵野 さん

運営の煽りに乗るかどうか・・・
2ndの日程発表までには自分の方向性を決めないといけないとは思います。
この一時の大きな衝撃に対して、すぐに判断を決めてしまえば今までの自分のオタ活のベクトルがおかしな方向にいく可能性があります。
一瞬で向きが変わっているので、自分がおかしくなったことに気がつかないかもしれません。
「初日」の最初の掛け声が身に染みてきますね。

「いつも感謝、冷静に、丁寧に、正確に。みんなの夢が叶いますように」
[ 2013/07/22 07:38 ] [ 編集 ]
Re: 同意です。
> べいつん さん

さくらは総選挙が終わった後から、何か自分を変えようとしているのがすごく伝わってきています。
まだ手探りの状態ですが、そのおかげでさくら推しでない人の目に留まることも増えてきているのではと思います。
さくらの選抜発表後のぐぐたすの発言は、自分を変えようと思っている中で自然と出てきたコメントだったと思います。
前に進むためには言葉に出すこと、それをしなければ何も始まりません。
私は、今回の件でさくらが次の段階に進む一歩を確実に踏み出せたと感じました。
もちろんはるっぴも同じです。
ダブルセンターという紹介で、めるみおが発表されましたが、はるさくの活躍によってはセンターがグループのトップ、顔だという既成概念を崩してくれるかもしれません。
めるみおもいいけど、HKTはやっぱりさくらとはるっぴだよっ!、って皆に思ってもらえる頑張りを2人はしてくれると思います。
頑張れとかは言わなくていいんですよ。
ちょっと後ろ向きになりそうな雰囲気が見えた時に、俺たちが支えるてるんだから大丈夫って言ってあげれればいいと思います。
そう、自信を持って言えるように頑張らないといけないのは我々の方だと思います。
[ 2013/07/22 08:01 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
> ベイノジ さん

はじめまして!
よろしくお願いします!

現場の雰囲気は私の記事を正とはしないで下さい。
放心状態気味だったので、正しい状況だったのか全くあてになりません。
これだけは言えるのはセンター紹介は全く盛り上がっていなかったことです。
さっしーが発表をしていたんですが、ダブルセンターって振りのもとにまず、「田島芽瑠!」→まあ、めるだよな、うんうん。って感じ。
「続いて、朝長美桜!」→シーン・・・ザワザワ・ザワザワ
DVDの時にどう編集されるか分かりませんけど、やっぱ「オーーーーーーーーーーッ!!!!!!」って感じになるのを期待していたかのようなさっしーの言い方だったので、なおさらシーン具合が目立ちました。
もちろんシーンって言っても、静まりかえったってほどじゃないですよ。
運営はあせったでしょうね。
あら?思ってた反応じゃないぞと。
そこで、慌てて出したのがさっしーのぐぐたすになります。
遅い時間にゆっくり出した方がしっくりくる内容だと思いますが、完全に炎上を防ぎにいっています。
運営からの指示かさっしー単独かは分かりませんが、いい判断だったとは思います。
さっしーは運営発表をしただけですが、あの発表のテンションと客の反応の大きな違いからさっしーが叩かれる可能性もあったでしょうから。

みんながみんな美桜はまだ早いって思っているわけですから、あそこはみんなさくらか?はるっぴか?と思っていたと思います。
結果だけ見た人はめるみおって思ってたよとか言う人がいると思いますが、あの場にいて「朝長美桜!」って期待していた人がどれだけいたかは会場にいた人なら分かります。
美桜推しの人、そしてなにより美桜が全く望んでいなかったセンターポジ・・・どうなるかは今後を見守っていくしかありません。

有望メンバーが揃っていて、最強グループになりそうにも見えますが、それは全員に平等なチャンスを与えられた場合の話です。
選抜を外れた場合はチャンスが激減しますし、はるっぴとさくらも今までよりは露出は減ります。
また、めるみお、そして初選抜の2期生達のプレッシャーは大きいと思います。
チームH推しの拒否反応は少なからずありますから。

私も自分の器の小ささをすごく感じたんですが、2日目のドーム公演でめるみおを見た時に、「めるあいかわらずマイクを固定して歌えてない」とか、「てか、みお全然踊れてないし!」とか悪いところばかりに目がいってしまうんです。
期待の裏返しではあるんですが、ちょっと自分で自分の見方に疑問を持ちました。
記事でも書いていますが、冷静さを取り戻したのちにゆっくり判断していこうと思います。
書きながら思いましたが、まだ導火線に火がついている状態ですので。。。
[ 2013/07/22 09:29 ] [ 編集 ]
Re: 色々な思いはあります。
> D-DAY さん

センター論で言えば最後通告かもしれません。
はるっぴとさくらは正直、本人たちがいつでもセンターになる準備はしていますし、ファンも納得がいきます。
めるはオリジナル曲で4度目のセンターですが、センターオーラという点では全く伸びてきてないと思います。
さっしーのことを「さしこちゃん」って言っているような現状では伸び悩むでしょうね。
めるは本来研究生が享受することが出来るはずの周りからのアドバイスをほとんど受けれてないと思います。
HKTのセンターであることプラス、本人が人当りがよくて甘えん坊なのでアドバイスとかそういう雰囲気になることがほとんどないのではと思います。
研究生公演でも周りが実力をつけてきているために、突き抜けたオーラという印象にはならなくなりました。
そこで、同じ研究生の美桜をセンターにつけることで、アドバイスが今後受けやすくなると思います。
ダブルセンターってことで言われる時は2人同時に言われるでしょうから。
美桜はかわいいだけでどこまでいけるかの壮絶な実験のような気がしてきました。
なので、美桜に関しては今回成長が見られなければ・・・
頑張ってほしいと思います。

長期戦のレールに乗せられた感は半端ないですが、変に期待していた今回が異常だったのだと思うようにします。
はるっぴとさくらはなんだかんだチャンスをもらえている方ですから、2人で情報交換しながらお互いの足りない部分を補って成長していってほしいと思います。
正直、はるっぴとさくらのいいとこどりするだけで、最強のアイドルが完成します。
でも、想像すればするほどwinwinって難しいですね。
やっぱりもうちょっと様子見は必要です。

次のポイントは33rdですね。
ここでめるみおを入れてきて、はるさくが外れるようなら考えないといけません。
じゃんけん選抜は偶然の産物なので、ここは単純に楽しむようにしたいです。

D-DAYさんの最後の文、記事に入れさせて頂きました。
はるっぴのために出来ることがなんなのか改めて考える機会になりました。
自分なりの結論はいずれ出さないといけませんが、一人よがりでは持ちませんので、今後ともいろんな意見を聞かせて頂ければ助かります。
よろしくお願いします!
[ 2013/07/22 10:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

はるっぴデイズ

Author:はるっぴデイズ
大した力もない自分だけれども、どうにかしてはるっぴの応援出来ないかと考えた時に、
これを見ればはるっぴのことが8割は分かるかもってサイトを目指して始めました!←130111開設
(ง •̀_•́)ง

デイズリンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
はるっぴデイズtwitter
#毎日はるっぴ
#兒玉貼るか
#兒玉遥
はるっぴ
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
はるっぴデイズAC
検索フォーム
QRコード
QR