はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~

HKT48チームH/AKB48チームK兼任 HKT48 4thシングル「控えめ I love you!」、5thシングル「12秒」、6thシングル「しぇからしか」、7thシングル「74億分の1の君へ」でセンターを務め、ついにはAKB48選抜総選挙で9位となった、はるっぴこと兒玉遥ちゃんの応援ブログです。夢へと日々努力している彼女をみんなで応援しましょう。テレビ朝日系列『豆腐プロレス』出演中♪
はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~ TOP  >  兒玉遥 >  兒玉遥は兒玉遥の道を行け!(2) ~DOCUMENTARY of HKT48を観て(1)~

兒玉遥は兒玉遥の道を行け!(2) ~DOCUMENTARY of HKT48を観て(1)~

前回(1)とさせて頂いていましたので、今回(2)として続けていきたいと思います。
前回はコチラ→兒玉遥は兒玉遥の道を行け!(1)
最終的な結論はなんとなく心の内に秘めたまま終わってしまいそうな気もしますが、今回は「DOCUMENTARY of HKT48」を見たことで感じたこと、また、「兒玉遥は兒玉遥の道を行け!」という内容にぴったりと思いましたので、映画の感想をはるっぴ推しとしてどういうふうに感じたか書きたいと思います。←全部一気にと思いましたが思いのほか長くなっているので何回かに分けて書いていきたいと思いますが、だんだん記憶が薄まっているので早く書かねばとあせってますw
他メン推しの方にも見て頂きたい内容ですが、開店休業中のブログなんでちょっと厳しいかな。。。

それでは、今から・・・
「DOCUMENTARY of HKT48」のネタばれの内容に入ります!
ご覧になりたくない方はそっ閉じお願いします!


DoHポスター



2015年公開予定 「DOCUMENTARY of HKT48」 / HKT48[公式]←2014/11/22HKT48劇場3周年記念公演にて






【予告編】「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」/ HKT48[公式]←2016/01/06アップ











まず、私がどういう立ち位置で見たかということで、私のオタ歴を少しだけ。。。

2008/4/4 梅田彩佳ちゃん 福岡ローカル「アサデス。」卒業←AKBの存在をこの時知る

梅ちゃん(ごくごくライトに)推し時代

2011/11/26 HKT48劇場1期生初日「手をつなぎながら」公演 公演初体験でいきなり優勝。。。orz なぜ申し込もうと思ったかは今となってはなぞ?当選したのが運命のいたずらの始まり。。。 HKT48初日公演観覧ツイートアーカイブ
2012/7/5 さっしーHKT48劇場初日←これは劇場で観れてませんが。。。 さっしー関連(ちょっとだけらぶたん)ツイートアーカイブ
2012/8/19 5人脱退後の一発目の劇場公演を観てはるっぴ単推しの決意を固める 5人活動辞退→再出発関連ツイートアーカイブ
2012/9/30 HKT48 2期生初日「partyが始まるよ」公演←新しい風を感じた瞬間 HKT48研究生初日公演ツイートアーカイブ 2012年9月30日
2012/11/15 23:19兒玉遥google+
2012/12/28 23:49兒玉遥google+
2013/1/11 兒玉遥応援ブログ「はるっぴデイズ」開設←何か出来ないか考えていてほぼ思いつきで始めました
以降は、はるっぴデイズ参照(笑)

なんだかんだ、長い間オタクしてるなあとしみじみ。。。

それでは、これから本編の内容に入っていきたいと思います。
ほぼあらすじです(笑)
私の感想、追記は赤表記にしたいと思います。
あとはあらすじ。。。
何年後に見直してもこういう内容だったなあって思い返すことが出来ると思います!
それではスタート


DoHさっしーとりこぴ

まず、りこぴとさっしーが餃子を食べてるところから始まります。
さっしー「りこぴ時間ないよね」
りこぴ「ファンの方に喜んでほしい」
などの会話があった上で、りこぴオタの方登場。
これってどういったかたちで打診があるんですかね?
ちなみに私は丁重にお断りするつもりでしたが、打診なんてあるわけもなく(笑)

オタによるりこちゃんコールついての説明。
まあ、よく頑張って続けたなというところ。

はるたん登場。
劇場にしか出ていない子という紹介。
パンフレットの最初のページに載っている選抜メンバーが出べそに集まっての撮影シーン。
まさか、選抜メンバー達は自分たちの方が脇役として映画で使われるとは思ってなかったでしょうね。
わちゃわちゃしている選抜メンバーと、その枠の外にいるはるたんとの対比。
カメラマン「(選抜メンバーに向かって)公演終わりましたーって感じで♪」
はるたん「私の劇場で何してんの?(笑)」
さっしー「(劇場のこと)はるたんしか知らないじゃんねー(笑)」
選抜は選抜のよさがあり、意識が高いというはるたん。
常にピンクなので、この後出てきてもピンクの子だと分かりやすい。

タイトルがやっと出てから、1期生の座談会のシーン
HKT48劇場の楽屋にて。
メンバーは、なつ・しなもん・りーぬ・まいこむ・みなぞう・なお・ちーちゃん・まどか・わかちゃん
初期の頃の変なルールなどを語り合う。
2011/8/26のレッスン後のミーティングの映像。
さくらはこの頃キャラをつけるためにキャプテンを狙って発言していたとのこと。


DoH初お披露目時0

2011/10/23の西武ドーム初お披露目。
ぱるるに挨拶するメンバー。
はるっぴ「兒玉遥です」
ぱるる「おんなじ名前♪」
ハニカムはるっぴ。
初お披露目のHKTメンバー。
フレッシュ。
当時は田舎の女の子達というふうにしか見えなかったが、思い入れのある今見るとかわいく見えるから不思議(笑)


DoH初お披露目時

お披露目のあと、超選抜の麻里子さま、ゆきりん、さっしーの九州組と顔合わせ。
麻里子さま「(村重を見て)奥ちゃんに似てるー」
さっしー「(HKTはフレッシュ過ぎて)移籍する心配ないや」と言った8ヶ月後に移籍してると言う(笑)
ゆきりん「(さくらを見て)鹿児島?どこ?」

DoHさくらインタビュー

明らかに高級そうなすきやきを食べるさっしーと終始リラックスモードのさくらのインタビュー
さくら「みんな変だった」と当時を振り返る
さくらのインタビューシーンは何回か出てきます。
推しの人は「さくちゃんとさっしーの仲の良さが伝わってきたよ」なんて見当違いのことを言っているのも見ましたが、これははるっぴの置かれている状況、背負っているものの違いを鮮明にするために意図的にそういう演出になっていることは言うまでもありません。


1期生の座談会に戻る
変なルールについて、ユニット3曲前にはスタンバイ、公演中ヘアアイロン禁止、移動中私語禁止、など。。。
自然消滅したホワイトボードの今日の公演の目標を全員で言うというもの。
いいことなので続けていいのではと思いました。



DoH劇場初日

2011/11/26初日公演の映像
「ロープの友情」ではるっぴセンター。
がむしゃら感にあふれてて初々しいはるっぴの貴重な映像。


DoHはるっぴインタビュー

ここからはるっぴのインタビュー。
もつ鍋。
初期にセンターに選ばれた時の気持ちを聞かれ・・・
はるっぴ「なんで私?自分が遅れていると思ってたから精一杯だった」

1期生の座談会
「はるっぴを見た時にこの子センターだ」
「イチバン努力してた」
「休憩時間も練習してた」
と、1期生が納得のセンターだったことが分かる。

初日公演後の秋元康のことば
「HKTはイチバン仲のいいチームを目指しなさい」

1期生の座談会
佐藤元支配人の話し。
拒否反応?を示す1期生達。
なおがバレンタインで佐藤元支配人にチョコをあげようとしたが、虫歯で断られた話し。

さっしー「嫌だったなあ。会いに行くの・・・」
と、現在AKSの海外事業部にいる佐藤元支配人へインタビュー。
佐藤「おれじゃここまで出来なかっただろうなあというのが正直な感想。チャンスをもらえたけどこたえられなかった」
さっしー「私もそう思います」
やっぱりギクシャクしてる2人。
支配人ってなに?オトナノオシゴトムズカシイネーは当時話題となった。
この発言の3日後に5人が脱退する。

この半年後には佐藤支配人自身も尾崎支配人と交代となる。
HKT佐藤支配人ぐぐたすはるっぴ関連アーカイブ


ANNでスキャンダルについて泣きながら謝罪するさっしー。
秋元PにHKT移籍を告げられる。

さっしーの自宅でのインタビュー
「人のためにと思うようになった。償いの意識しかない。私は十字架を背負ってる」

さくらのインタビュー
さくら「(さっしーがきて)ラッキーと思った。指原さんが来ると公演のポジションなくなるよねと話してた。」

2012/7/5 さっしーHKT48劇場初日公演の日
レッスン場でさっしーの話しを聞くメンバー達。
真剣な表情でメモをとるはるっぴ。

1期生の座談会
さっしーが来て変わったこと。
「MC」と即答
「打ち合わせしなくなった」
さっしーが来る前の公演MCの様子。
空調の音が目立つ静まり返った劇場。
地獄絵図と表現したさっしー。
劇場で見てて、正直見るに堪えない時間帯でした。。。

編集所のさっしー
さきほどの「オトナノオシゴトムズカシイネー」の件を入れるかどうか、演出の方と相談してる場面
あの件を知らない人が多い。
皆が納得するものを作りたいけど。。。
と、映画に盛り込むかどうかを考えているシーンを入れるのみで詳しい内容には触れませんでした。
私はこれで正解だと思います。
前を進むのに、教訓にすべきだったのはメンバーであり、メンバー自身は内容を把握してるわけだから、ファンが真相を知る必要性はない。
私としてはいつどのタイミングで推しがいなくなるかも分からないということを肌身で感じて、はるっぴ単推しでいこう!と決めた出来事になりました。

5人活動辞退→再出発関連ツイートアーカイブ

ちーちゃんとまどかがさっしーが動画を撮っているところによってきて決め顔
さっしー「もりぽは楽屋では元気なんだよなあ」
このシーンのように話題転換で流れとは関係のないシーンを入れてくる

2期生とレッスン場にて座談会
まいちゃんが先導して挨拶する、1期生と初顔合わせの2期生達。
冨吉「自分が選ばれるのに必死だった」


DoH劇場初日2期生

1期生が楽屋を使っているため、レッスン場でメイクする2期生達
いーちゃんだけこの時点からほぼ変わってない雰囲気
冨吉とぴーちゃんが「宮崎と宮崎」のTシャツを着てて意気込みだけは窺える(笑)
らいらが当時めるがセンター確定と思わせられる扱いだったと発言。
その後に「初恋バタフライ」のレコーディングのシーンに変わる。
2012/10中旬
センターが発表される。
佐藤支配人「田島がセンターです」
雰囲気を察して、まず動き出すさっしーとらぶたん。
なんのことか分かっていないめる。
信じられないといった表情の1期生達。
めるのインタビュー。
センターが何なのかも分かってなかったと。
それはどうかな?と。
すでにPARTY公演でセンターポジをやっており、やってやるぞという気持ちもあっただろうし、そういう雰囲気も持ってた。
めるは自分の気持ちを正直に出すことは少ない。


もつ鍋屋の今のはるっぴ
はるっぴ「めるちゃんなんだ。なんで私じゃないの?なんでここで変わっちゃうの?」

初恋バタフライのセンター発表後、Sチーフマネージャーに今の気持ちが聞きたいと別室ではるっぴと。
はるっぴ「なんで私じゃダメだったのかなと思って。。。悔しいというか。。。不思議な感覚なんですけど。。。」
涙ぐむはるっぴ
Sマネからカメラをはずすようにと指示
ただ、カメラマンは部屋を出たがカメラは回し続けている。
はるっぴ「なんかバスケの先生に言われてたのがすぐ浮かれる癖があると言われてて。。。そうならないように頑張ってきたけど、まだ自分に甘かったのかと思って。。。」
どれだけの気持ちを持ってはるっぴが頑張ってきたのか・・・はるっぴがまだ全然センターとして認められてない時期。
なぜ兒玉がセンターなんだと言われていた時期。
はるっぴにとっては、努力が全く報われないつらい時期だったと思います。


近い位置で「初恋バタフライ」の音源をイヤホンで聞いているめるとはるっぴ、はるっぴは涙をこらえながら曲を聴いている。

めるのインタビュー
める「1期生は悔しいというより、怒りだったと思う」

「初恋バタフライ」のレコーディング風景
ショックだったらしく全く声の出ないさくら

1期生の座談会
さっしー「(めるがセンターで)どう思った?」
なつみかん「くっそー」
ネタみたいな発言をしていたけど、まさかチームHの正規メンバーで選抜に選ばれないとは思ってなかったなつみかんとりーぬはかなり悔しくて涙を流したとか。

はるっぴのインタビュー
はるっぴ「バタフライからシングルまで頑張ってみたんですけど。。。そんなすぐ変わるわけでなく。。。やっぱりめるちゃんで。。。ダブルセンターくらいあるかななんて。。。」
HKT48にいた中でイチバンつらかった時期というはるっぴ。
そんな時期に何か出来ないかと見切り発車で始めたのがこの「はるっぴデイズ」でした

~DOCUMENTARY of HKT48を観て(1)~はここまでとします。
後半もうちょっと写真を入れたかったけど時間切れです。
早く書かないとどんどん記憶が。。。

最後に映画に描かれていない部分を・・・
「真夏のSounds good!」にHKT48の代表として選抜に選ばれたはるっぴ。
MVが公開されるやいなや、もうそれはめちゃくちゃ叩かれました。。。
とんでもない叩かれ具合でした。
「真夏のSounds good!」発売後のぐぐたす
MV撮影は2012/2/9~12あたりと言われてまして、劇場デビューの2011/11/26から2ヶ月半というタイミングです。
さらに映画パンフレットの中のスタッフによる日誌の内容
「2012・1・16 兒玉が肉離れ寸前だとトレーナーからご連絡をいただいています。要観察で。」とあります。
MV撮影の1ヶ月前の話しです。
おそらく、HKTの代表として実力をつけようとオーバートレーニングになっていたのでしょう。
この時に結果を出せなかったため、スタートダッシュに大失敗、この経験があったからこそ今のはるっぴがありますので、順調にいかなかったことはそう悲観することではありません。
ただ、ホント最前線で批判の矢を受け続けていましたのでつらかったと思います。
特にめるにセンターを変わられた時は、このままでは落ち続けてしまうという不安があったでしょう。
よく持ちこたえてくれたなと思います。
よく以前のはるっぴの話しの時に「自分が自分が」という言葉が出てきます。
これはさっしーが2013/5/20福岡で行われたさしたく祭りで
「人としての成長しそうなのははるっぴ。今はまだ自分が自分がとなってしまうこともあるけれど、それは芸能人としては決して悪いことではなくて、でもチームという面もあるから そのあたりもA兼任でもまれて必ず伸びる」
という話しがあって、この時の「自分が自分が」がひとり歩きして、はるっぴが自己中だったと思いこんでいる人がなんとまあ多いこと。
確かにさっしーの言っていることからそう読み取れなくもないけれど、はるっぴは「自分がやらなきゃ!」の「自分が」であって、HKT48のことを思って、「自分がやらなきゃ!」「自分がやらなきゃ!」って思いつめていたということです。
それは、結成当初から今現在でも基本的には変わっていません。
ただ、今は「自分だけが」というよりもみんなで役割分担しながら、、みんなでHKT48を支えていくんだと意識に変わってきたということです。
「はるっぴは昔は自己中だったけど、今は丸くなったよね」なんてしたり顔で言っている人がいたら、そうじゃないんだ!とはっきり言ってあげてください。
もし認識違いの人がいましたら今日を機に改めていただきますようよろしくお願いします!



次の更新がいつになるかは・・・
To Be Continued・・・
[ 2016年02月10日 07:28 ] カテゴリ:兒玉遥 | TB(0) | CM(1)
Re: コピったので
〉哀しみの雨 さん

コメント欄への記載ありがとうございます。
自由な場でありたいと思いますが、今回の内容のものは私の判断で削除させて頂きました。
ご理解頂ければと思いますm(__)m
[ 2016/02/20 08:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

はるっぴデイズ

Author:はるっぴデイズ
大した力もない自分だけれども、どうにかしてはるっぴの応援出来ないかと考えた時に、
これを見ればはるっぴのことが8割は分かるかもってサイトを目指して始めました!←130111開設
(ง •̀_•́)ง

デイズリンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
はるっぴデイズtwitter
#毎日はるっぴ
#兒玉貼るか
#兒玉遥
はるっぴ
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
はるっぴデイズAC
検索フォーム
QRコード
QR