はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~

HKT48チームH/AKB48チームK兼任 HKT48 4thシングル「控えめ I love you!」、5thシングル「12秒」、6thシングル「しぇからしか」、7thシングル「74億分の1の君へ」でセンターを務め、ついにはAKB48選抜総選挙で9位となった、はるっぴこと兒玉遥ちゃんの応援ブログです。夢へと日々努力している彼女をみんなで応援しましょう。テレビ朝日系列『豆腐プロレス』出演中♪
はるっぴデイズ~HKT48兒玉遥と共に歩む~ TOP  >  兒玉遥 >  第17位 43,985票 HKT48チームH AKB48チームK兼任 兒玉遥

第17位 43,985票 HKT48チームH AKB48チームK兼任 兒玉遥

150606 この悔しさを絶対忘れるな! HKT48兒玉遥(はるっぴ)

150606 この悔しさを絶対忘れるな! HKT48兒玉遥(はるっぴ)2

150606 この悔しさを絶対忘れるな! HKT48兒玉遥(はるっぴ)4


人生甘くないなって思いました。
はるっぴはただ結果を待つ身、人生とはファン達の人生のことをここでは言っています。

(最初に言っておきますが、私は選対に入っていませんでしたので、全て一応援ブログの管理人としての意見・感想となります)
票読みという幻想に惑わされ、本来達成すべき選抜の壁の大きさに目の前に来て、やっと気づいてしまった。
まさに、西遊記の一シーンといった感じです。
甘かった。
最終結果43,985票
立派な数字だと思います。
去年の総選挙では13位に相当する票で、去年の選抜16位ラインより五千票弱多い票数です。
AKBグループを完全になめていました。
CDの売上は去年と変わらず、AKB総選挙の盛り上がり自体もマックス時に比べると下火、選抜ラインは去年とほぼ同じくらいという読みでした。
高かった壁。
それに気づくことが出来なかった。
見えていたと思っていた壁は本当の壁ではなかった。
思いこみだった。
何か失敗する時、事故が起こる時、そこには思いこみが必ず存在します。
出来るだろう。
大丈夫だろう。

慢心

完全に選抜に入れた気でいました。
もちろん開票まで口には出してみんな言いませんでしたが、ほとんどの方の頭の中で兒玉遥の選抜入りは確実だという気持ちがあったはずです。
はるっぴファンであればそれは慢心、二推し以上の人は安心していたことでしょう。

正直、はるっぴが今年選抜入りすればオタ卒するつもりでいました。
ブログも完全に止めようと思っていました。
続けるとすれば、はるっぴファン向けだけでなく、もっと多くのファンの方に選挙選挙じゃない本来あるべき楽しみ方をどんどん伝えていこうと思っていました。
もちろん、兒玉遥、はるっぴの応援をやめるつもりは全くありません。
はるっぴが芸能界にいる限り、ずっと応援していきます。
ただ、選抜に入れば一応援ブログとしての責任は全う出来たなと勘違いしてオタ卒する予定でした。

これが兒玉遥です!
よろしくお願いします!
安心して下さい!

となるつもりでした。
思いこみでした。
しっかり危険性を最後まで持ち続けなければいけませんでした。
あと652票はどうにかなったとか言うのは結果論です。
開票前はそれでいいと思って投票を終えたんですから。

速報8位となり、本来大きな声で言いたかった10位以上を目指すキャンペーンのようになってしまいました。
もう選抜が確実になったと思ったからだと思います。
上を目指すため目標を高く上げることは悪くないのですが、速報後の今回の変更はライト層、いや、一部の兒玉推しの意識とのミスマッチを生んでしまいました。
選抜入りは簡単でない、今年はるっぴが選抜に入ることがどれだけHKT48のプラスになるかそこをしっかり情報発信していかなければなりませんでした。
HKT村内で序列争いをしても何も変わりません。
AKBグループですので、AKBという本丸の頂きを目指すのがイチバン近道になります。
はるっぴは今回選抜に入れませんでした。
41stシングルに関わる歌番組出演等全てなくなりました。
その分、おでかけ!に出ます。
ごぼてん!も出ます。
劇場公演も出ます。
HKT48にオファーがあった仕事は、兒玉遥に最初に話しが来ます。
死票はないと言います。
本来ランクインすべき人達が速報圏外だったりしました。
結果、多くのメンバーがランクインしてよかったです。
ただ、それは現状維持にしかなりません。
今回で言えば、兒玉遥が選抜入りすることが、HKT48の活性化につながるイチバンの特効薬だったんです。

現状で、どうすればいいという結論は短い時間で出すことは出来ません。
一時の昂った気持ちでああしよう、こうしようと言うのはちょっと焦り過ぎのような気もします。
何かしようと思えばやってみることはいいことです。
失敗してもそれを挽回する時間はあります。
一人一人がどうすべきだったかをじっくり考えましょう。
当ブログでもいろいろ考えていきます。

ただ、一つはっきり分かっていることは現状のままでは票数の限界を迎えているということです。
今のままではダメです。
はるっぴファンはもちろん、はるっぴ自身にも言えることです。
意識して変化を起こさない限り何も起こりません。
まだまだ伸びしろはあります!

時間が来ましたので今日はここまでで・・・

最後に・・・

みんなよくやったよ!
選抜には入れなかったけど一生懸命頑張ったんだから!


最後の最後に・・・

はるっぴよかったよ!
立派だったよ!
本当にありがとう!!!


150606 この悔しさを絶対忘れるな! HKT48兒玉遥(はるっぴ)3

第7回選抜総選挙アンダーガールズ
[ 2015年06月08日 08:35 ] カテゴリ:兒玉遥 | TB(0) | CM(2)
これから1年の課題が見えましたね
デイズさんは敗因に「慢心」としていますが私の感想はちょっと違います。
今年のめろっぴは頑張ったと思います。選対も盛り上がっていましたし。

16位との差は約650票差であとちょっとだった、一人の太オタで挽回
できたという方がいますが、それは結果論です。
やはり、今年選抜に入るなら5万票必要でした。
それができなかったのは単純にオタの数が少ないのではないでしょうか。

私は在宅なので握手会などの現場はわかりませんが、他の選抜メンバーに比べて
ファンの数が足りないと思感じます。今年のように1推し以外からの票が期待できない、
高柳さんや北原さんのように「支援票」や「風」が見込めない以上、はるっぴ1推しの
めろっぴの数を増やすしかないと思います。
[ 2015/06/08 23:38 ] [ 編集 ]
Re: これから1年の課題が見えましたね
> 委員長さん

私は一言で表すなら「慢心」で間違いないと思っています。
選抜を目指すのに、オタの数が少ないことは最初から分かっていたことなんです。
ただ、今年はこれで乗りきれる、選抜に入れば自然と増えると考えていたのは「慢心」になります。
これは私も含めてかなりの方に当てはまるだろうという考えです。
今後の展開については追ってじっくり精査していきますので、しばらくお待ち下さい。

めろっぴが頑張っていた→間違いありません
選対が盛り上がっていた→間違いありません

このあたりもきっちり考えていきます。

コメントありがとうございました。
[ 2015/06/09 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

はるっぴデイズ

Author:はるっぴデイズ
大した力もない自分だけれども、どうにかしてはるっぴの応援出来ないかと考えた時に、
これを見ればはるっぴのことが8割は分かるかもってサイトを目指して始めました!←130111開設
(ง •̀_•́)ง

デイズリンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
はるっぴデイズtwitter
#毎日はるっぴ
#兒玉貼るか
#兒玉遥
はるっぴ
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
はるっぴデイズAC
検索フォーム
QRコード
QR